ピーリング

ということばを良く耳にしますが、良く分からないかたもいると思います。

ピーリングとは、
皮をむくという意味です。

化学薬品などを使って古い皮膚の表面をはぎ取り、新しい皮膚を形成させる美容法です。
肌が本来持っている力に働きかけてニキビやしみで痛んだ肌を改善することを意味します。
つまり「ターンオーバー」を促すということです。

はがすということばを聞くと、すごく刺激が強そうでお肌に悪いんじゃないかと思いますよね。
そんなことありません!

ピーリングは堅くなった角質を柔らかくしたり、ニキビ痕を改善し、美肌・美白効果を向上させてくれるんですよ!
⇒毛穴ケアランキング

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは皮膚が新しく生まれ変わることをいいます。
皮膚の一番外の表皮が細胞分裂によって次々に生まれ変わっていくことです。
表皮の一番下にある「基底層」では、毎日新しい細胞をつくっています。
その細胞は細胞分裂を繰り返し、古い細胞を上へ上へと押し上げ、これが最終的に角質となってはがれおちます。
このサイクルのことをターンオーバーというのです。

28日が理想なんですが、加齢やストレスなどが原因で遅くなり、40代では55日といわれています
簡単にいうと、「基底層」がお母さんで、新しい細胞が赤ちゃんです。
毎日お母さんが赤ちゃんを産んで、赤ちゃんが成長して上にあがり、古くなってはがれおちるということです。

お母さんが元気じゃないと元気な赤ちゃんが産めませんよね。
なので「基底層」を元気に保つことが美肌にとって最も重要と言われています。

毛穴ケアにはピーリングが効果的

毛穴ケアにはピーリングが効果的です
いらなくなった角質を取ることができるので、毛穴の汚れや角栓を取り除くことができます。

エステや医療機関(皮膚科・美容外科)で受けることができます。
エステでは、肌を美しく整える、保湿効果を高めるなどの目的で、安全性を確保しながら、非常に弱いピーリングを施術しています。
一方、医療機関では、美容目的だけではなく、疾病の治療(ニキビ跡・シミ・そばかすを消すなど)を目的にしたピーリングが行われています。

施術後に、肌がかさつく、赤くなる、ニキビが増えたなどのトラブルも起こっています。
自分で評判のいいところをしっかりと選んで、施術してもらうことだ大切ですよ。
最近では自宅で簡単に出来てしまうものが販売されていて、お風呂に入りながら簡単にピーリングできるものがあります。

自宅でできるピーリングはこちら
  おすすめの毛穴ケアについて

毛穴が詰まってきたかな?と思ったらピーリングをすることでお肌に透明感を取り戻すことが出来ますし、自分で顔を触ったときも違いがわかります。

ピーリングの種類

ピーリングには主に2種類あります。

★ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、酸などの薬剤の科学的作用を利用し、古くなった角質をはがし、除去します。
そして、皮膚の自然治癒によって皮膚を改善させる治療方法です。
エステや医療機関でよく行われています。
シミ・くすみ・しわ・ニキビ・ニキビ跡などに効果があります。

施術後はバリア機能が低下しますので、しっかりと保湿を行い、医師やエステの指示に従いケアしなくてはいけません。
乾燥肌や敏感肌・アトピー性皮膚炎・アレルギーの方は注意が必要です。

★レ―ザーピーリング

名前の通りレーザーによって、古い角質を飛ばし肌を活性化させる方法です。
毛穴のトラブルやお肌のキメの改善にかなりの効果があります。

ケミカルピーリングとの違いは、お肌のタイプを選ばないことです。
時間も10分から20分と短く済みます。

ガサガサしていたお肌や毛穴もピーリングを行うことですべすべになるんですよ。
角質をそのままにしておくとお肌のトラブルにも繋がってしまいますから、たまには、毛穴ケアの為のピーリングを行うといいですね。
やり過ぎると逆にお肌に負担をかけますので、注意しましょう!

ピーリングをした後のお肌はダメージを受けやすくなっていますから、たっぷりの化粧水を付けて保湿をしてください。
紫外線対策も忘れないで!

美肌になる基本は
保湿・規則正しい生活・睡眠・ストレスを貯めないことです!

毎日の積み重ねで美肌は手に入ります。
地道に頑張りましょう!

おすすめスキンケアはこちら⇒
コスメブログランキング