今日は地鎮祭でした。

晴天には恵まれましたが、
かなりの強風でむちゃくちゃ寒かったです。

実は、
この地鎮祭の前1週間にノイローゼになっていました。
その理由は、最終の図面確認で駐車場の大きさが小さくなっていたからです。

2台乗用車を止めるスペースを確保していたはずなのに、
20センチ少なくなった図面になっていました。

これはどうにも納得がいかず、
結局HMに無理を言って屋根を削って建物をずらしてもらいました。
というのも、屋根が敷地境界線に引っかかってしまい、建物をずらしたという経緯があったからです。

ずらした後の駐車スペースの幅が、ずらす前から変わっていないままで、その後の打合せが進み、
最終図面で、ずらした後の少ないスペースの駐車場の幅がわかったんです!

このまま私たちが我慢するのも嫌なので、どうすべきか悩んでいるうちに
ノイローゼのようになって、すべてをやめたくなってしまっていました。

今までのHMへの不満が爆発したり、
不安に駆られて涙がでたり、ここまでがんばったのに、HMの不手際で駐車スペースが狭くなるのはどうしても許せませんでした。

両親の手助けもあって、もう一度屋根を削って建物をずらして、駐車スペースを5m確保できる形になり
安心しています。

ですが、設計士の方を責める形になってしまい、
とても心が痛いです。
本当は、自分が我慢するなら文句を一杯言ってやろうと思っていました。
実際に両親から苦言をていされて神妙にしている設計士を見るとかわいそうになってきました。

不満はたくさんありましたが、半年間打合せを重ねてきた相手なので
ここまでする必要はあったのか、心が痛くなっています。

高いお金を払うので自分側が我慢するのが嫌だったのは間違っていなかったとおもっていいのでしょうか。

家族は向こうの不手際なのでしょうがないと言っています。
なにか、新築工事にケチがついた形になってしまい気持ちが晴れません。

設計士の気持ちを思うとつらいですが、
私の一生のマイホームと考えれば間違っていなかったと思うしかないです。

この駐車場の件がかたずたのもあって、
私の鬱はだいぶ改善されました。

なんだか心から喜べない地鎮祭でした。