クレンジング料を正しく選べたら、次は、

正しくクレンジング しましょう!

⇒洗顔ランキング
 
クレンジング料は肌を傷めやすいものなので、クレンジングは短時間で終わらせるようにしたほうがいいです。
約1分ぐらいがいいです。
ベタつきが気になったり、マスカラなどが多少残っていたりしても、このあとに洗顔をするので、とにかく短時間で終わらせましょう。

あなたを美肌へ導くクレンジング料の正しい選び方はこちら 

あなたを美肌に導くクレンジング方法

①手であたためると落ちやすくなる
体温に近くなった状態で使用すると、顔になじみやすくなります。
クレンジング料には界面活性剤が入っていて、あまり長い時間クレンジング料が肌についていると、逆に肌荒れの原因にもなるので、短時間で終わらせるのがポイントです。
そのためにも手で一度あたためて、顔になじみやすくするといいですよ。

②こすってはだめ!
肌がぬれていない状態でやさしく肌になじませていきます。
肌をこすらなくてもいいように、クレンジング料は多めにとるようにしましょう。

順番としては、顔の中でも皮膚が強い部分から先にのばしていきます。
手のひらにとったクレンジング料を指の腹の部分でとり、まずは額や鼻などのTゾーンに伸ばします。

次に頬やあごなどのUゾーンに伸ばします。
最後に皮膚の弱い目元や口元に伸ばします。
できるだけ力を入れずに、やさしく顔になじませていきましょう。
ごしごし洗ってしまうと、肌を刺激する上に、逆に汚れが浮き上がりづらくなってしまいます。

強くこすったからといって汚れが取れるわけではありません!

③しっかりすすぐ
メイクがクレンジング料とよくなじんできたら、ぬるま湯ですすぎましょう。
熱めのお湯を使うのはやめましょう。温度が高いと必要な皮脂まで落としてしまう場合があるので、特に乾燥肌、敏感肌の人は、水に近いぬるま湯で流すようにしましょう。
お風呂でメイクを落とす人も結構いると思います。
(わたしは、洗面所でクレンジングをつけてからお風呂に入ってながします。)

その時は、お湯の温度は極力低めがいいです。
シャワーの強さも、強くないほうがいいです。
水圧は弱めの方が、肌に負担にならなくて理想です。

また、クレンジングをバスルームで行う場合には注意が必要です。
メイクとなじませる前に水分が混ざるとクレンジング力が落ちてしまいます。
まず、手の水分をしっかり拭き取ってから、優しくなでるようになじませましょう。

落ちにくいポイントメイクの落とし方

目や口元のポイントメイクには、専用のクレンジングを使用しましょう。

目の回りが黒ずんでいたり、唇の色がくすんでいる方はきちんとクレンジング出来ていない方が多いと思われます。

メイクをきちんと落とさないで寝てしまってそのままにしてしまうと、化粧品の色素が肌に沈着して、その部分が黒ずんでしまいます。
マスカラやアイライナー、アイシャドウは石炭から作るコールタールを使用しているものがほとんどです。
これらを長い時間肌につけたままにしておくと、色素沈着を起こしてしまうのも当然です。

アイメイクを落とす時には、クレンジング剤を顔につけて勢いよくこすったりしないで、
面倒でもでも目元、口元は「ポイントメイク用クレンジング」で綺麗に落としてあげることはとても大切なことです。(このひと手間が大事なんですよ)

目の周りは顔の中でも特に皮膚が薄い部分ですので、こすらないように優しく丁寧に落としていくことがポイント。

日常的にこすって雑に落としていると、小じわを作る原因になります。

アイメイクを落とした後に顔全体のクレンジングを行いましょう!

ぜひ、「あなたを美肌へ導くクレンジング方法」を実践してみてくださいね。
確実に変わってきますからね。

ノンオイルクレンジング「セラムデュー」(敏感肌でもOKですよ)はこちら

私も愛用中です!
↓  ↓  ↓

Serum Dew

おすすめクレンジング・洗顔一覧