くすみとは?

くすみは、肌につやや透明感がない状態です。
また、肌に赤みがなくなり、黄みよりになったり、黒ずんだりしてもくすんで見えます。

くすみの原因

★生活習慣
くすみの原因の多くは、塩分の多い食事、喫煙、睡眠不足など、体内に原因があります。
顔が全体的にくすんでいる場合は、生活習慣を見直すことで改善されます。
新陳代謝の低下や過労・睡眠不足などによる体調の変化、紫外線や乾燥など環境からの影響など、いくつかの要素が重なり合って起こります。

★加齢によるもの
くすみは、加齢によってもおこります。
年齢を重ねると、新しい皮膚に生まれ変わる「ターンオーバー」の機能が低下してしまうため、
いつまでも不要な古い角層が肌にとどまっていたり、角層の水分が不足して透明感やつやが失われてしまい、肌がくすんで見えます。

要は、新陳代謝の低下によって肌の表面に角質がたまりやすくなるということです。
角質ケアをすることで肌がやわらかくなり、くすみが取れて肌に透明感が出て、化粧品も浸透しやすくなりますよ。

くすみ肌のお手入れ方法

基本のお手入れをしっかりと
化粧水・乳液を肌のすみずみまでたっぷり届けましょう。
保湿はどんなお肌の悩みにも共通のケアです。

美白効果のある化粧品をつかう
メラニン色素のためにくすんで見えることもあります。表皮の生まれ変わりを順調にし、メラニン代謝を促しましょう。
ふきとり化粧水、あるいはマスクやパックなどで、洗顔などでは落としにくい不要な角質なども取り除きましょう。

マッサージをする
血液循環を高め、肌の力を引き出すマッサージはおすすめです。

紫外線から肌を守る
紫外線は常に一年中、肌にふりそそいでいます。日ごろから日中用アイテムや日やけ止め化粧品、もしくは紫外線防御効果のあるファンデーションなどで紫外線から肌を守りましょう。

紫外線対策・シミ対策についてはこちら