ほとんどの方が、メイクを毎日していますよね。
そして、ファンデーションを使ってメイクしている方がほとんどだと思います。

ファンデーションや日焼け止めを使った場合、洗顔の前にクレンジングをするいわゆるダブル洗顔の必要があります。

ここでは、

「あなたを美肌に導くクレンジングの正しい選び方」

を紹介します。

⇒クレンジングケアランキング

化粧したら、必ずクレンジングしましょう!

メークアップ化粧品は油性なので、水になじまず、普通の洗顔では落ちません。
特に最近のメークアップ化粧品は、水や汗に強く、耐水性に優れていて崩れにくくなった分、洗顔だけでは落ちないので、クレンジングが必要です。

メイクを落とすときには必ず、クレンジング料を使いましょう。
洗顔料や石鹸だけで洗っても、化粧品に含まれて いる油分や顔料を落としきれないので、かえって肌に悪いんです。
そして、正しいクレンジングの方法で洗顔しましょう。

洗顔ひとつでまったく肌の質が変わるんですよ

クレンジングで化粧が取れる仕組み

クレンジング料には、化粧品を浮かせるための油分と、水になじませるための界面活性剤が配合されています。
この界面活性剤の質や量によって、クレンジングの良し悪しが決まってきます。

またクレンジング料は毎日肌につけるものですが、実はとても肌を傷めやすいものです。
とはいえ化粧品を落とすには不可欠なものなので、良いクレンジング料を選んで、なるべく短時間で終わらせることが大事です。

オイルクレンジングは肌にいいの?

クレンジング料にはオイルタイプやジェルタイプなど、最近ではいろいろなタイプのものがありますが、最近ではオイルクレンジングが流行ってます。

オイルクレンジングが人気なのは、汚れを落とす力が非常に強いということが理由のようです。

しかし、オイルクレンジングは、これは油分を多く含み、化粧品とよくなじむ(洗浄力が強いから)んですが、毎日使うと肌を傷めることになります。
油分が多いので化粧品となじみやすいんですが、逆に水になじませる界面活性剤も多く配合されているということになり、肌を傷めやすくなってしまいます。
界面活性剤の主な原料は石油で、肌に必要な油分や水分まで奪ってしまうので、
毎日使うのは肌のことを考えたら避けたいですね。
またさらさらの液状なので、肌になじませる時についこすって、肌を傷めてしまうのも欠点です。

また毛穴の中の汚れを落とそうと、オイルタイプでマッサージをしても、毛穴の中の汚れはなかなかとれませんし、界面活性剤を大量に肌に塗りつけているようなものなので、あまりおすすめできません。(こう考えると怖い

これらはリキッドタイプのクレンジング料にも同じことがいえます。

オイルクレンジングを使うときは、
メイクの濃い日、ウォータープルーフの止めを使った日などに決めるといいですよ。

ハードメイクの洗浄力に優れたオイル系クレンジング剤は、正しい洗い方をすれば乾燥肌や敏感肌人でもOKです。
最近は、乾燥肌や敏感肌用のオイルクレンジング剤も販売されています。

洗浄力に優れたオイルクレンジングは全く使わないのはもったいないので、
きちんとした洗顔方法で、お肌のタイプや、用途に合わせて使い分けるといいのではないでしょうか。(乾燥肌のひとはやめた方がいいかも)

 ノンオイルクレンジング「セラムデュー」(敏感肌でもOKですよ)はこちら

クレンジング料は、
なるべく肌を傷めずに、かつ化粧をよく落としてくれるものを選ぶ必要があります。
では、どのタイプのクレンジングがいいのでしょうか?

クリームタイプのクレンジングがおすすめ!

クリームタイプのクレンジング料が一番おすすめです。

洗い流せるクリームタイプは、油分も水分も多すぎず少なすぎず、界面活性剤の量も適度だといえます。
こすりすぎて肌を傷める可能性も低いでしょう。
乳化するジェルタイプのものでもいいですよ。

★ミルクタイプのクレンジング料
さらさらしていて、なんとなく肌にやさしいイメージがあるミルクタイプのクレンジング料があります。確かに肌への刺激は弱いですが、水分が多く、化粧品となじみにくく、結果汚れが落ちにくいといえます。
汚れが落ちにくいと、つい肌をこすってしまいがちなので、肌を傷めやすくなります。ただ、軽めのメイクで、気休め程度にクレンジングする場合はミルクタイプでも大丈夫でしょう。

★泡タイプのクレンジング料
泡の状態で出てきて、手軽で肌にもやさしそうな泡タイプですが、泡を作るためには水分が必要で、化粧品とのなじみが悪くなるので、その分、界面活性剤が多く入っている場合があります。
昔、このタイプ使ってましたが、確かに落ちが悪かったです。

★拭き取りタイプのクレンジング料
テレビのCMでよく見かけるシートやコットンで拭き取るタイプのものは、時間をかけずに、手軽にできることで人気があるようですが、汚れを拭き取るという動作は、最も肌を傷めます。
毎日これを使うと、肌が赤くなったり、後々シミの原因になったりするので、どうしても緊急を要するときだけ使うようにすることをおすすめします。
お肌が悲鳴をあげちゃいますよ!

★最後に
クレンジング料を選ぶ時は、値段の安さや手軽さで選ぶのではなく、質や自分との相性を考えてちゃんと選ぶようにしましょう。
クレンジング料は、毎日使うものなので、できるだけ肌を傷めないものでお肌をいたわってあげてくださいね。
メイクも肌には大きな負担なんですから。

たまには、ノーメイクで肌を休ませてあげましょうね!!

私も愛用中です!
↓  ↓  ↓
Serum Dew

おすすめクレンジング・洗顔一覧