肌のターンオーバーについて


「肌のターンオーバー」

とは肌の細胞が生まれ変わるサイクルをといいます。

このサイクルは、通常28日といわれています。
⇒美肌ケアランキング

表皮細胞が基底層で新しく生まれて、約28日かけて角質細胞となります。

ちょっと専門的な話になっちゃいますが、すいません

角質細胞は下からせり上がってきた新しい角質に追われるように最後は垢(あか)となってはがれ落ちます。
たとえ表皮に傷がついたとしても、ターンオーバーで絶えず表皮細胞は入れ替わるのでまた、1ヶ月も経つと新しい皮膚となるのです。

28日は生理の周期の目安でもありますので、このサイクルを頭においてお手入れすると肌の反応が変わってきます。
生理が始まる1週間くらい前は排卵が始まっていて、ダイエットをしたり特別なケアをしてもなかなか効果が出ない時期です。

精神的にもイライラしたり、吹き出物が出やすくなったりもします。
生理が終わった後は身体の中の不要なものを出した後で、気分も良く肌もツルツルしています。
新陳代謝も活発になっていますので体重も減りやすく、エステに行ってもより効果を実感することが出来ます。

若い頃は新陳代謝が活発でターンオーバーは正常に働くので、強い紫外線を浴びてもシミが出来なかったりみずみずしい肌を保つことができます。

加齢とともにターンオーバーのバリア機能は衰える

ターンオーバー機能は年齢とともに鈍ってきて、
ターンオーバーの速度も40代になると40日かかると言われています。

年齢とともに傷の治りも遅くなり、シミも出来やすくなるのです。
古い角質が肌の表面にとどまって肌が硬くなり、シワ、たるみ、くすみなどを招いて肌は老化していきます。

肌がくすむ、乾燥がひどくなる、小じわが出来るなどの症状はターンオーバーの機能が低下している証拠です。

紫外線対策・美白コスメはこちら
おすすめ美白・シミ・くすみ対策
おススメクレンジング・洗顔一覧
おすすめ保湿ケア一覧

お肌の曲がり角って何歳なの?

「お肌の曲がり角」という言葉は良く効きますよね。

「お肌の曲がり角」というと、一般的には25歳くらいでしたが、
最近では18歳くらいからお肌は曲がり始めているといわれています。
⇒美肌ケアランキング

原因は、食生活の変化や地球温暖化など様々。

最近では1年中エアコンがかかっているオフィスやマンションの中にいるので、肌にも身体にも大きく負担がかかっているのです。

また、地球の温暖化によってオゾン層が破壊され、紫外線の量も増えてきていますので、シミやシワの悩みも増えてきています。
最近は若いころ(中学生頃)からメイクするのも当たり前になってきていますよね。
「若いからまだ大丈夫」と、きちんとクレンジングしなかったりするのでこれが習慣になってしまい、20歳前でクマやくすみ、肌の乾燥に悩まされたりしてしまうのです。

ただでさえ肌にとって過酷な環境にあるのですから、若いうちから肌のお手入れをして肌の老化を自ら加速させないようにすることがとても大切です。
 
若い時のつけは確実にまわってきますよ!!
 

経験者が保証します。
(あまり日焼けを気にしなかったせいで、23才くらいからシミがでてきました。
シミのない人を見るとほんとうらやましいです)

紫外線対策・美白コスメはこちら
おすすめ美白・シミ・くすみ対策
おススメクレンジング・洗顔一覧
おすすめ保湿ケア一覧

肌のしくみについて ~真皮~

人間は、外界からの有害物質の侵入を皮膚で防ぎながら生きています。
細菌、ウィルス、紫外線、化学物質などから、体を守ってくれているのが皮膚です。
また、人間の体の70%は水分でできています。
この水分の蒸発を防いでくれているのも皮膚です。
全体の50%をやけどしてしまうと、生命の危険が起きることからもわかるように、皮膚は私たち人間にとって、とても大事なんです。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織から構成されています。

ここでは、「真皮の仕組み」を紹介します。

シミの原因は真皮にある!

といわれています。

これは、コラーゲンエラスチンの低下によるもの。

真皮は表皮の下にあり、約70%がコラーゲンといわれる線維で出来ています。

コラーゲンは真皮の中に網目状に張られ肌の弾力を維持しています。
コラーゲンの所どころにエラスチンと呼ばれる別の線維がありコラーゲンの構造を支えるように働いています。
その2つの線維のまわりを埋め尽くすようにヒアルロン酸というゼリー状の物質が存在し、真皮の水分を守っています。

コラーゲン

真皮の70%も占める主成分です。
コラーゲンは繊維であり、生きた細胞ではないのでターンオーバーするという事はありません。

しかし全く新陳代謝がおこなわれないわけでもないのです。
非常にゆっくりとですが、線維芽細胞という細胞からコラーゲンは新しく作り出され、古くなったコラーゲンは分解されていきます。

真皮のコラーゲンがひと通り代謝するのに、2年~6年位かかるといわれています。
しかし、これも40代くらいまでのことで、以降になると新しく作りかえられる事もなくなります。

そのため、コラーゲンは古くなり減少して、シワやタルミの原因となってしまうのです。

エラスチン

コラーゲンをつなぎとめるように支えているのがエラスチンです。

真皮の約5%を占めますが、年齢とともに減少し、やはりシワやタルミの原因となります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質で、肌では真皮に存在します。

真皮に張り巡らされたコラーゲンとエラスチンの網目の間をこのゼリー状の物質で埋め尽くす事で水分をたくさん保持する事が出来ます。

年齢とともに減少し、食物などのエネルギーから摂取出来ない貴重なものと言われています。

近年の化粧品や栄養食品などに配合される事が多い人気の成分です。
腕や足の関節、目の中にもヒアルロン酸は存在し、身体全体の水分維持をしています。

線維芽細胞

真皮の成分(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸)を生み出し、真皮構造をつくる細胞。

紫外線対策・美白コスメはこちら
おすすめ美白・シミ・くすみ対策
おススメクレンジング・洗顔一覧
おすすめ保湿ケア一覧

肌のしくみについて ~表皮~

人間は、外界からの有害物質の侵入を皮膚で防ぎながら生きています。
細菌、ウィルス、紫外線、化学物質などから、体を守ってくれているのが皮膚です。
また、人間の体の70%は水分でできています。この水分の蒸発を防いでくれているのも皮膚です。
全体の50%をやけどしてしまうと、生命の危険が起きることからもわかるように、皮膚は私たち人間にとって、とても大事なんです。
⇒美肌ケアランキング

皮膚は表皮・真皮・皮下組織から構成されています。

スキンケアによる美肌作りで知っておきたい部分は、
皮膚の一番上にある表皮とその下の真皮です。

まず「表皮」の構造を詳しくみていきましょう。

表皮は、体の部位によっても違いますが、厚さ0.2mm程度で、
それが4つの層(角質層、顆粒層、有棘層、基底層)に分かれています。

肌における表皮は、バリア機能、ターンオーバーなど、大事な役割を持っています。

角質層

角質層と言う言葉をよく耳にしますが、角質は表皮に属します。
角質層は約30%の水分を含んでおり、その厚みはわずか0.02ミリほどです。
この薄い角質層が皮膚を外部から守ってくれるのです。
角質層が正常に機能しないと、すぐに乾燥肌となってあらわれます。
肌の一番表面にある表面細胞の死んだもの(角質細胞)から出来ているのが角質層です。
その層は約14層が重なり合って出来ています。
さらに、ケラチンというタンパク質・セラミドが角質細胞の間を埋めています

角質層のバリア機能

洗剤で洗っても洗剤がが体にしみ込むことはないですよね?
シャンプーを触っても、体の中まで入ってくることはないですよね?
これらは角質層のバリア機能によるものなんです。

死んだ細胞(角質細胞)がレンガのように積み重なって、厚さ0.02mmの角質層を作ります。このとても薄い表皮の表面部分が、外界のすべてのものから体を守り、体内の水分の蒸発を防ぐという大事な役割を果たしてくれているわけです。

角質層には内部の水分が蒸発しないように保持し、
さらには、セラミドなどの保湿成分を自ら作り出しているので、約30%の水分を含んでいます。
この機能が低下すると、水分が減ってしまった状態になり、乾燥肌になります。

乾燥肌になると、角質層のバリア機能も弱まり、外界からの刺激が侵入しやすくなります。
こうなると、小さな刺激でも肌が反応してしまい、敏感肌になってしまいます。
髪の毛やほこりが触れただけでかゆくなる、
化粧水がしみたりする、
吹き出物がでるのは、
こういった要因によるものなのです。

セラミド

バリア機能の強弱の鍵を握るのが、セラミドです。

角質層には、角質細胞間脂質というものがあり、これが、レンガのように積み重なっている角質細胞同士をつなぐセメントのような役割を果たしています。
この角質細胞間脂質は、いろんな脂質が混ざり合って表皮細胞で作られますが、その中の半分を占めるスフィンゴ脂質という脂質の、95%の成分になっているのがセラミドなんです。

これらの脂質は水と結合して、肌の水分を保つ保湿成分の役割を果たし、なおかつ角質細胞同士の間にすきまを作らないようにし、外界の刺激からも守ってくれます。
しかし、セメントとなるセラミドなどの角質細胞間脂質が不足すると、レンガである角質細胞が安定せず、垢になる前にはがれ落ちてしまったりします。肌が荒れて、白い粉がふいているようになるのが、この状態です。

レンガが崩れるということは、当然バリア機能も弱くなるということなので、刺激が侵入しやすくなります。粉がふいているような時に洗顔をするとしみるのは、このためです。

このようにセラミドは、肌の水分を保ち、バリア機能を保つためにとても大切な成分ですが、年齢とともに作られる量が減っていくので、乾燥しやすくなっていくといえます

顆粒層・有棘層

角質以下の表皮である顆粒層・有棘層は角質層とちがって、生きた細胞で出来ています。
そこは約65%の水分を含みます。
外からの刺激に反応してその情報を神経に伝えたり、アレルギー反応を起こしたりする事で、身体を守ります。

基底層

基底層は表皮の一番下にあり、新しい表皮細胞が生まれる工場の働きをします。
血液から栄養分と酸素をもらって新しい細胞を作り出すのです。

又、皆さんが悩まされているシミもここで作られます。

基底層にはメラノサイトという色素細胞があり、紫外線に反応すると基底層より下にある大切な真皮を守るためにメラニン色素を作り出します。
これがいわゆるシミです。

紫外線を通さない黒いカーテンの様なシミを作って、自己再生出来ない真皮をガードしているのです。

基底層の働きも、年齢とともに機能が弱くなり、メラニン色素が真皮に落ちてしまったりします。
真皮までいってしまったメラニン色素は、シミとなって残るので、若い頃よりシミができやすくなるというわけです。

紫外線対策・美白コスメはこちら
おすすめ美白・シミ・くすみ対策
おススメクレンジング・洗顔一覧
おすすめ保湿ケア一覧