肌にやさしいノンオイルと言えばオルビスのクレンジングで決まり!

オルビスでも1日の最高売上本数ナンバーワンを誇るのが、
この

「オルビスクレンジングリキッド」

オルビス クレンジングリキッド」は1日の最高売上本数がビックリするくらい売れているんですよ!
発売以来、大ヒットの人気ナンバーワンのクレンジングなんです。
なんと、新発売から1ヶ月で50万本を売り上げたんです!この数字は半端ない数字!

そして、1日の最高売上本数も話題になってます。
びっくりしますよ!
1日の最高売上本数は23,000本なんです。
非常に多くの方が愛用しているクレンジングなんですね

オルビス クレンジングリキッドの効果・特徴
100%オイルカットのクレンジング剤
濡れた手でも使える
配合成分の30%以上が保湿成分 植物エキスが3種類配合

⇒美肌ケアランキング

100%オイルカットのクレンジング剤

一般的なクレンジングはオイルクレンジングですよね。
オイルは酸化すると肌トラブルを引き起こすんです。
オルビスのクレンジングは、100%オイルカットクレンジングなんです。
100%オイルカットのリキッドタイプはオルビスならではですね。
ノンコメドジェニックテストもクリアしている超優秀なクレンジングなんですよ。
(コメド=ニキビのもとができないとうこと)
ニキビ肌にもやさしいんですね。
是非とも一度は使ってみたいですよね。

体験談は、この記事の下にあります。
ぜひ見てくださいね

オルビス クレンジングリキッドは、ノンオイルなのにクレンジング力がすごいんです!
オルビス クレンジングリキッドの驚きのクレンジング力は、
マスカラ、ファンデーション、リップそれぞれ担当の独自クレンジング成分が集中的に働きかけることで、落としにくいメイクをすっきり落としてくれるんです。
するするとメイクが簡単に落ちますよ。

濡れた手でも使えるので、お風呂でも使えてすっごく便利!
洗い上がりの肌に透明感がでてきます

オルビス クレンジングリキッドは、「水のちから」でメイクや毛穴奥の汚れを落とします。
肌をこすらなくても、肌の凸凹に入り込んだメイクや毛穴奥のファンデーションもシッカリ落とします。
ユーカリ・ローズマリー・メリッサ等の植物由来の保湿成分配合なので、肌の潤いを逃さないの。
しかも、ヒアルロン酸配合なので、洗い上がりがすごくしっとり

値段もお手頃1,400円(税込)で買えますよ~
1品からでも送料無料です!

公式サイトオルビス

ここからが体験談です

わたしも買って使ってみました。
さっそく使ってみましたよ~。

水のようなテクスチャーで、手に乗せたら、すぐにたれてきちゃいそうです。
↓  ↓  ↓

口紅、アイライナー、リキッドファンデーションを塗りました。

ここにオルビス クレンジングリキッドをのせて、軽くクルクルしらた、
あっという間に落ちちゃいました~
濡れた手でもOK!
オイルカットなのに、メイク落ちのよさは感動です!

ノンオイルだからぬるぬるしないんですよ~。
「水のちから」で落とすんですって。

↑  ↑  ↑
ねっ!きれいに落ちてるでしょ!

この後、水で洗い流したんですが、洗い上がりはすっごくさらさら。
さすがノンオイルですね~。

保湿成分がたっぷり入ってるから、すごくしっとりなの。
なんか白くなった気がするぅ

使い心地はすっごくいいので、おすすめのクレンジングですよ

売れるには理由があるんですね。
試してみてすっごくよくわかりました。

公式サイト
オルビス クレンジングリキッド

当ブログでのオルビス関連記事

クレンジングリキッド

おすすめスキンケアはこちら⇒コスメブログランキング

セラムデュー ノンオイルクレンジング

クレンジングでお悩みの方はいませんか?
・クレンジングのあとは、乾燥する。
・オイルクレンジングだと、油分が残ってべたべたする。
・汚れが良く落ちない。

そんな方におすすめなのが

 「セラムデュー」 

 この「セラムデュー」は ノンオイルのアクアクレンズなんです。

メイクを落としながら
「毛穴」も「くすみ」も「乾燥」もケアする1本4役のクレンジングジェルです。

私も使いましたが、ホントに突っ張らないんですよ!!
黒ずみ毛穴もスッキリしますよ。
⇒美肌ケアランキング

雑誌にも、載りましたよ~。
「STORY11月号」「美ST12月号」に掲載されました!!

Serum Dew
↑ ↑ ↑
 お肌にやさしいノンオイルクレンジング「セラムデュー 

セラムデューのトライアルセットが半額で買えます。
まずはトライアルから始めてみるといいですよ!

クレンジングは毎日のことなので、ここで間違っているとお肌に大きなダメージを与えてしまい、シミ、しわの原因になってしまいます。
あなたの肌が美肌になるためには、正しいクレンジングは欠かせません!

この機会に、お肌にやさしいノンオイルアクアクレンジング「セラムデュー」を体感してくださいね
↓  ↓  ↓  ↓
Serum Dew

ノンオイルクレンジンングはオルビスもおすすめですよ

体験レポ

おすすめスキンケアはこちら⇒コスメブログランキング

ノンオイルのクレンジング「セラムデュー」

クレンジングでお悩みの方はいませんか?

・クレンジングのあとは、乾燥する。
・オイルクレンジングだと、油分が残ってべたべたする。
・汚れが良く落ちない。

そんな方におすすめなのが

 「セラムデュー」 

なんです。

オイルを使ってないからお肌にやさしいんです!!

 この「セラムデュー」は ノンオイルのアクアクレンズなんです。

⇒「セラムデュー」のトライアルセットが半額!

「ノンオイル」ということは、普通のオイルクレンジングとは一味違うんです。

◆ポイント◆
★微粒子アミノ酸の力で、毛穴に詰まったメイクや汚れ、角栓をスッキリ除去
 微粒子アミノ酸:オイル粒子の10分の1サイズ
★配合成分の65%が保湿成分 アミノ酸を18種類配合し、肌の潤いは奪わない
★ノンオイルで洗い上がりの肌に透明感 ベタつきや油膜感がない

普通のオイルクレンジングでは、界面活性剤をたくさん使用していますので、汚れは良く落ちますが、肌の潤い成分まで奪ってしまいます。

また、肌に残った油分を落とすために、ゴシゴシ洗顔してしまい、かえって乾燥させてしまうのです。
また、オイルクレンジングは、洗い流した後も、毛穴やキメ油分が残ってしまい、
肌を酸化させてくすみの原因になります。

この「セラムデュー」は、ノンオイル、成分の65%以上が保湿成分アミノ酸を使用しており、さらには肌に良い成分のみを厳選していますので、あらゆる肌質の方にもご愛用いただけます。

Serum Dew
↑ ↑ ↑
 お肌にやさしいノンオイルクレンジング「セラムデュー 

私も、「セラムデュー」のノンオイルクレンジングセット(トライアル) を使ってみましたが、
ホントに、するするとお肌に良くなじんで、メイクが良く落ちるんです!

しかも、まったくべとつかないんですよ!
もちろん乾燥することもなかったです。

一緒についてた洗顔石鹸(泡立て用ネットも付いてきますよ)もいっしょにつかうと、
毛穴の汚れも良く落ちて、鼻のざらつきがなくなりました!
(これホント★)
1.5か月分あるので、しっかりと実感できますよ。

このトライアルキットは初回限定で、半額で買えますので、ぜひ一度試した方がいいですよ。

ノンオイルでこれだけしっかりメイクが落とせて、なおかつしっとりするのは、
セラムデューだけかもしれません。

クレンジングは毎日のことなので、ここで間違っているとお肌に大きなダメージを与えてしまい、
シミ、しわの原因になってしまいます。

あなたの肌を美肌に見おちびくためには、正しいクレンジングは欠かせません!

この機会に、ノンオイルアクアクレンジングセラムデューを体感してください!

↓  ↓  ↓  ↓
Serum Dew

おすすめクレンジング・洗顔一覧

おすすめスキンケアはこちら⇒コスメブログランキング

美肌へ導くクレンジング方法でメイクを落とそう!

クレンジング料を正しく選べたら、次は、

正しくクレンジング しましょう!

⇒洗顔ランキング
 
クレンジング料は肌を傷めやすいものなので、クレンジングは短時間で終わらせるようにしたほうがいいです。
約1分ぐらいがいいです。
ベタつきが気になったり、マスカラなどが多少残っていたりしても、このあとに洗顔をするので、とにかく短時間で終わらせましょう。

あなたを美肌へ導くクレンジング料の正しい選び方はこちら 

あなたを美肌に導くクレンジング方法

①手であたためると落ちやすくなる
体温に近くなった状態で使用すると、顔になじみやすくなります。
クレンジング料には界面活性剤が入っていて、あまり長い時間クレンジング料が肌についていると、逆に肌荒れの原因にもなるので、短時間で終わらせるのがポイントです。
そのためにも手で一度あたためて、顔になじみやすくするといいですよ。

②こすってはだめ!
肌がぬれていない状態でやさしく肌になじませていきます。
肌をこすらなくてもいいように、クレンジング料は多めにとるようにしましょう。

順番としては、顔の中でも皮膚が強い部分から先にのばしていきます。
手のひらにとったクレンジング料を指の腹の部分でとり、まずは額や鼻などのTゾーンに伸ばします。

次に頬やあごなどのUゾーンに伸ばします。
最後に皮膚の弱い目元や口元に伸ばします。
できるだけ力を入れずに、やさしく顔になじませていきましょう。
ごしごし洗ってしまうと、肌を刺激する上に、逆に汚れが浮き上がりづらくなってしまいます。

強くこすったからといって汚れが取れるわけではありません!

③しっかりすすぐ
メイクがクレンジング料とよくなじんできたら、ぬるま湯ですすぎましょう。
熱めのお湯を使うのはやめましょう。温度が高いと必要な皮脂まで落としてしまう場合があるので、特に乾燥肌、敏感肌の人は、水に近いぬるま湯で流すようにしましょう。
お風呂でメイクを落とす人も結構いると思います。
(わたしは、洗面所でクレンジングをつけてからお風呂に入ってながします。)

その時は、お湯の温度は極力低めがいいです。
シャワーの強さも、強くないほうがいいです。
水圧は弱めの方が、肌に負担にならなくて理想です。

また、クレンジングをバスルームで行う場合には注意が必要です。
メイクとなじませる前に水分が混ざるとクレンジング力が落ちてしまいます。
まず、手の水分をしっかり拭き取ってから、優しくなでるようになじませましょう。

落ちにくいポイントメイクの落とし方

目や口元のポイントメイクには、専用のクレンジングを使用しましょう。

目の回りが黒ずんでいたり、唇の色がくすんでいる方はきちんとクレンジング出来ていない方が多いと思われます。

メイクをきちんと落とさないで寝てしまってそのままにしてしまうと、化粧品の色素が肌に沈着して、その部分が黒ずんでしまいます。
マスカラやアイライナー、アイシャドウは石炭から作るコールタールを使用しているものがほとんどです。
これらを長い時間肌につけたままにしておくと、色素沈着を起こしてしまうのも当然です。

アイメイクを落とす時には、クレンジング剤を顔につけて勢いよくこすったりしないで、
面倒でもでも目元、口元は「ポイントメイク用クレンジング」で綺麗に落としてあげることはとても大切なことです。(このひと手間が大事なんですよ)

目の周りは顔の中でも特に皮膚が薄い部分ですので、こすらないように優しく丁寧に落としていくことがポイント。

日常的にこすって雑に落としていると、小じわを作る原因になります。

アイメイクを落とした後に顔全体のクレンジングを行いましょう!

ぜひ、「あなたを美肌へ導くクレンジング方法」を実践してみてくださいね。
確実に変わってきますからね。

ノンオイルクレンジング「セラムデュー」(敏感肌でもOKですよ)はこちら

私も愛用中です!
↓  ↓  ↓

Serum Dew

おすすめクレンジング・洗顔一覧

美肌へ導くクレンジングを正しく選ぼう!

ほとんどの方が、メイクを毎日していますよね。
そして、ファンデーションを使ってメイクしている方がほとんどだと思います。

ファンデーションや日焼け止めを使った場合、洗顔の前にクレンジングをするいわゆるダブル洗顔の必要があります。

ここでは、

「あなたを美肌に導くクレンジングの正しい選び方」

を紹介します。

⇒クレンジングケアランキング

化粧したら、必ずクレンジングしましょう!

メークアップ化粧品は油性なので、水になじまず、普通の洗顔では落ちません。
特に最近のメークアップ化粧品は、水や汗に強く、耐水性に優れていて崩れにくくなった分、洗顔だけでは落ちないので、クレンジングが必要です。

メイクを落とすときには必ず、クレンジング料を使いましょう。
洗顔料や石鹸だけで洗っても、化粧品に含まれて いる油分や顔料を落としきれないので、かえって肌に悪いんです。
そして、正しいクレンジングの方法で洗顔しましょう。

洗顔ひとつでまったく肌の質が変わるんですよ

クレンジングで化粧が取れる仕組み

クレンジング料には、化粧品を浮かせるための油分と、水になじませるための界面活性剤が配合されています。
この界面活性剤の質や量によって、クレンジングの良し悪しが決まってきます。

またクレンジング料は毎日肌につけるものですが、実はとても肌を傷めやすいものです。
とはいえ化粧品を落とすには不可欠なものなので、良いクレンジング料を選んで、なるべく短時間で終わらせることが大事です。

オイルクレンジングは肌にいいの?

クレンジング料にはオイルタイプやジェルタイプなど、最近ではいろいろなタイプのものがありますが、最近ではオイルクレンジングが流行ってます。

オイルクレンジングが人気なのは、汚れを落とす力が非常に強いということが理由のようです。

しかし、オイルクレンジングは、これは油分を多く含み、化粧品とよくなじむ(洗浄力が強いから)んですが、毎日使うと肌を傷めることになります。
油分が多いので化粧品となじみやすいんですが、逆に水になじませる界面活性剤も多く配合されているということになり、肌を傷めやすくなってしまいます。
界面活性剤の主な原料は石油で、肌に必要な油分や水分まで奪ってしまうので、
毎日使うのは肌のことを考えたら避けたいですね。
またさらさらの液状なので、肌になじませる時についこすって、肌を傷めてしまうのも欠点です。

また毛穴の中の汚れを落とそうと、オイルタイプでマッサージをしても、毛穴の中の汚れはなかなかとれませんし、界面活性剤を大量に肌に塗りつけているようなものなので、あまりおすすめできません。(こう考えると怖い

これらはリキッドタイプのクレンジング料にも同じことがいえます。

オイルクレンジングを使うときは、
メイクの濃い日、ウォータープルーフの止めを使った日などに決めるといいですよ。

ハードメイクの洗浄力に優れたオイル系クレンジング剤は、正しい洗い方をすれば乾燥肌や敏感肌人でもOKです。
最近は、乾燥肌や敏感肌用のオイルクレンジング剤も販売されています。

洗浄力に優れたオイルクレンジングは全く使わないのはもったいないので、
きちんとした洗顔方法で、お肌のタイプや、用途に合わせて使い分けるといいのではないでしょうか。(乾燥肌のひとはやめた方がいいかも)

 ノンオイルクレンジング「セラムデュー」(敏感肌でもOKですよ)はこちら

クレンジング料は、
なるべく肌を傷めずに、かつ化粧をよく落としてくれるものを選ぶ必要があります。
では、どのタイプのクレンジングがいいのでしょうか?

クリームタイプのクレンジングがおすすめ!

クリームタイプのクレンジング料が一番おすすめです。

洗い流せるクリームタイプは、油分も水分も多すぎず少なすぎず、界面活性剤の量も適度だといえます。
こすりすぎて肌を傷める可能性も低いでしょう。
乳化するジェルタイプのものでもいいですよ。

★ミルクタイプのクレンジング料
さらさらしていて、なんとなく肌にやさしいイメージがあるミルクタイプのクレンジング料があります。確かに肌への刺激は弱いですが、水分が多く、化粧品となじみにくく、結果汚れが落ちにくいといえます。
汚れが落ちにくいと、つい肌をこすってしまいがちなので、肌を傷めやすくなります。ただ、軽めのメイクで、気休め程度にクレンジングする場合はミルクタイプでも大丈夫でしょう。

★泡タイプのクレンジング料
泡の状態で出てきて、手軽で肌にもやさしそうな泡タイプですが、泡を作るためには水分が必要で、化粧品とのなじみが悪くなるので、その分、界面活性剤が多く入っている場合があります。
昔、このタイプ使ってましたが、確かに落ちが悪かったです。

★拭き取りタイプのクレンジング料
テレビのCMでよく見かけるシートやコットンで拭き取るタイプのものは、時間をかけずに、手軽にできることで人気があるようですが、汚れを拭き取るという動作は、最も肌を傷めます。
毎日これを使うと、肌が赤くなったり、後々シミの原因になったりするので、どうしても緊急を要するときだけ使うようにすることをおすすめします。
お肌が悲鳴をあげちゃいますよ!

★最後に
クレンジング料を選ぶ時は、値段の安さや手軽さで選ぶのではなく、質や自分との相性を考えてちゃんと選ぶようにしましょう。
クレンジング料は、毎日使うものなので、できるだけ肌を傷めないものでお肌をいたわってあげてくださいね。
メイクも肌には大きな負担なんですから。

たまには、ノーメイクで肌を休ませてあげましょうね!!

私も愛用中です!
↓  ↓  ↓
Serum Dew

おすすめクレンジング・洗顔一覧