肌の悩みは人それぞれですよね。
ニキビに悩んだり、乾燥に悩んだり、シミが気になったり。

肌の悩みは主に5つにわけられます。
①乾燥 ②シミ・美白 ③ニキビ ④シワ ⑤たるみ

中でも、多くの方が、気にして実践しているのが、

シミ・美白対策

ではないでしょうか。

TVや雑誌、ドラッグストアでは、毎日のように美白対策の商品を目にします。
「美白化粧品」とされているコスメでも、シミを取る化粧品ではなく、単にシミ予防のための化粧品であったり、シミを悪化させない化粧品だったりすることもあります。
まずは、シミについて詳しく知ることからはじめましょう!

 シミとは?

シミとは、色素沈着のことです。
メラニン色素が沈着して出来るしみは、厳密には
「老人性シミ」「そばかす」「肝斑」「炎症性色素沈着」などの種類があります。

どれもメラニン色素が沈着して出来るという点では同じです。
一般にシミというと「老人性シミ」を指します。
美白対策することによって薄くなっていきます。

老人性シミ
肌老化が始まる30代以降から出来やすい現象ですが、紫外線を浴びた量に比例して出来やすいです。
若い方でも、出来やすいシミです。

そばかす
「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれ、主に顔の頬に出来やすい茶色~黒色の細かくて小さな斑点のことを言います。
そばかすは白人に多くでき、日本人はあまり多くありません。
原因は、遺伝的な要素が多いと言われます。
皮膚科の治療や、レーザー治療などがおすすめ。

肝斑(かんぱん)
額や頬に左右対照に出来やすく、主に思春期を過ぎた女性に表れやすいシミです。
肝斑の原因は、生理や妊娠時に分泌される女性ホルモンの影響によるメラニン色素の過剰生成が原因と言われます

炎症性色素沈着
かゆみや赤い炎症を起こした部分に出来るシミです。
かぶれ、ニキビ、やけど、かみそり負けなどのあとにできます。
摩擦が長い時間続くとできたりします。

シミの原因

シミはとは、肌を守るためにメラノサイトが生成するメラニン色素が、日焼けやホルモンバランスの乱れによって過剰に作られ、新陳代謝がうまく働かないと、それが黒褐色になって肌に斑点のように定着してしまうこと。
シミの原因を詳しく見ていきましょう。

日焼け(紫外線)

メラニンは、体の防御反応で、紫外線を浴びると大量につくられます。
日焼けで肌が黒くなるのは、このメラニンの働きのためで、紫外線を浴びなくなれば、皮膚が生まれ変わるサイクルに合わせて、メラニンは肌の表面に出てきてはがれるので、元の肌色に戻ります。

紫外線を浴びすぎには、注意が必要です。
若いからといって日焼けをなめていると10年後・20年後に後悔しますよ!!

紫外線対策・シミ対策についてはこちら

加齢によるもの

加齢によるシミはどんな方にも出来てしまいます。
しかし、お手入れ次第で老化やシミが出来るスピードを遅らせる事は可能なんです。

シミに気付いたら、できちゃったとあきらめないで早めに対応しましょう!
今後シミができないように、しっかりと予防していくい事がとても大切ですよ!!!

お肌に悪い生活習慣

シミは、日焼けだけでなく、不規則な生活や睡眠不足、ストレスなどによるホルモンバランスの崩れからもできてしまいます。
ダイエットをしすぎたり、煙草を吸っているとシミができちゃいますよ!!
身体の機能が崩れるとやはりシミも出来やすくなってしまうんです。

生理の前後や、妊娠したときはシミができやすくなります。
私も、妊娠してからシミがかなり増えてしまい、ショックでした。
健康である事が、美しさを保つのにとっても大切なポイントなんですよ

乾燥

あらゆるお肌のトラブルの原因が「乾燥」です。
これは本来肌が持つバリア機能を衰えさせてしまう為なんですよ。
保湿をしっかりと毎日行ってください。

乾燥対策・保湿おすすめスキンケア