美白とブライトニングの違いって??

今では、色白のお肌がブームですよね。

お肌を白くすることを、『美白』と言ったり『ホワイトニング』と言ったり、
『ブライトニング』と言ったり・・・。

なんだかよく分からないですよね?

私の高校生の頃はガングロが流行ってて、色グロ女子がたくさんいました。

そんな私は、ガングロではないですが、日焼けに抵抗はありませんでした。

今となっては大後悔

『若い頃大量に紫外線を浴びてしまったこと』が10年後20年後のお肌に最悪の影響を与えてしまうなんて・・・・

20代の頃、海も山も大好きで、夏には毎週のように海水浴に行き、サーフィンをし、山に登ってはバーベキュー!時にはゴルフ・・・と紫外線をあびまくり・・・

そのツケは今になって現れてきたシミ!

美白・・・しなくちゃ・・・゜。 。゚(゚ノω`゚)゚。

美白(=ホワイトニング)とは

色素沈着が少ない、より白い肌を目指す美容上の価値観、ないしそのような状態の肌のことである。
メラニンの生成を抑える化粧品(美白化粧品)を用いる方法が一般的である。

美白化粧品であることを公にうたうためには、厚生労働省に認められた美白有効成分が
配合されている必要がある。
                   (ウィキペディアより)

簡単に言うと、厚生労働省が認めた美白有効成分が入っている!
ということなのです。

ブライトニングとは

もともとブライトニングという言葉は、メイク効果で”肌色を明るくする事”という意味で使用されていました。
しかし・・・
上記のように厚生労働省が認めた美白成分でない美容液は「美白」と言うことが許されないので「ブライトニング」という言い方が広まったのです。

直球で説明すると、「美白」と言いたいけど言えない美容液! のこと。

厚生労働省から薬用取得をし晴れて「美白」と言うには指定成分しか使えません。
申請から認可に何年も…という時間がかかりますので、新しい成分は使えないわけなのです。

日本で厚生労働省に効果効能や安全性などが認められた美白有効成分は約20種あまりだそう。
よく見聞きするのは次の9つの成分だったような。
ビタミンC誘導体・アルブチン・プラセンタエキス・エラグ酸
・カモミラET・トラネキサム酸・リノール酸・ルシノール・t-AMCHA

こうした美白の効果を期待できる有効成分を配合した化粧品は
「医薬部外品」という表示がパッケージにあるはず。

シミを薄くする最強の成分と言われている「ハイドロキノン」も、
厚生労働省の認めた美白有効成分。
美容皮膚科や医療の観点からも注目すべき美白成分なのは、間違いありません。

ハイドロキノン配合の人気コスメ

最近気になっているのが、『WHITE377』という成分。

Dr.シーラボの人気美容液『スーパーホワイト377ウルトラ』に配合されているんです!

この『スーパーホワイト377ウルトラ』は、上記の観点からいうと、
「ブライトニング」ということになります。

そのブライトニング成分ですが、なんと!
厚生労働省が認める美白成分、ハイドロキノンの2100倍ものチロシナーゼ活性阻害
すごい試験結果をもつ『WHITE377』という最新のポリフェノールを採用です!
しかも、高濃度配合
icon icon
超贅沢なブライトニング美容液ですね~

いままでの「スーパーホワイト377EX」よりもシミを薄くするパワーが強くなったそう!

レーザーなしでシミが消せるかもと今年発売1か月で5万本も売れました!
これは期待できそう

5000円位だから一度試してみてね。

WHITE377高濃度配合!スーパーホワイト377ウルトラ icon

コメントを残す




CAPTCHA