生理と女性ホルモンの関係について

女性には基本的には月に一度生理があり、それに伴ってホルモンも変化していきます。
1ヶ月の中でもホルモンバランスは大きく変化します。

また、、初潮から閉経までの間に少しずつ変化していき、妊娠や出産のときは大変大きく変わっていきます。
これらのホルモンの変化によって、もちろん肌も大きく影響を受けます。

美肌を保つには、この生理とホルモンの関係を知り、自分が今置かれている状況にあったッスキンケアを行う必要があります。
⇒美肌ケアランキング

生理に関係しているホルモンは主に2つあります。
①黄体ホルモン
②卵胞ホルモン

黄体ホルモン
生理前に多く分泌されるのが黄体ホルモンです。
この黄体ホルモンは、プロゲステロンと呼ばれ、生理前に分泌され、皮脂の分泌を増やして、にきびをできやすくしたり、シミができやすい環境をつくったりするといわれています。

生理前になると、イライラしたり、ニキビができたりむくむのもこのホルモンが原因です。
肌が荒れてしまう方もいるので、そういった方は、生理前だけスキンケアを変えるといいです。

生理前は肌が弱くなって、敏感になっているので、刺激のあることは避けましょう。
シミができやすい時期なので日焼け対策はしっかりしてください。

卵胞ホルモン
生理後に分泌されるのが卵胞ホルモンです。
このホルモンはエストロゲンと呼ばれ、コラーゲンを増やすなど、女性の肌を健康にしてくれます。
このホルモンがスムーズに分泌されていれば美肌を保つことができ、逆に正常に分泌されなければ肌荒れの原因になるということです。

また、卵胞ホルモンは生理の正しい周期を維持しています。
生理が不順だったり、生理が止まってしまうと、その分肌に悪影響があり、肌の老化が早まったりします。

生理不順はお肌のためだけではなく、健康的に良くないので、婦人科で見てもらうといいですよ。
将来の妊娠のためにもきちんとした生理は大切です。
ストレスのせいで、生理が遅れることもあります。
(私はこのタイプです)

このように女性の体は非常にデリケートにできています。
ストレスをできるだけためないような生活を心がけることでお肌の調子は随分変わってきますよ!

内面からきれいにすることが最も「美しさを保つ」には大切なんですね。

おすすめスキンケアはこちら⇒
コスメブログランキング

コメントを残す




CAPTCHA